読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「あ」から「ん」まで。

言いたかった事、全部言う!

黒企業が人生変えてくれた③

やる気に満ち溢れたのはいいが1週間経っても1件すらも契約取れず。

ちょっと給料の話。

俺ら新聞屋は3.6.12ヵ月の3つがあり、

3ヵ月 3,000円

6ヵ月 6,000円

12ヵ月 9,000円の報酬がもらえる。

つまり、1日12時間動き回って3ヵ月1件なら日当3,000円、12ヵ月2件取ったら日当18,000円だ。

 

ホストやってたから歩合は慣れてたけど、さすがのホストも最低日給2,000円はもらってた。

だが、新聞屋。

保証一切なし!!

 

だから俺は1週間で給料0円。

マジで心折れそうになり、更に追い討ちをかけるかのように3.11が宮城に直撃。

宮城で営業が一切禁止になってしまい、まぁ俺らも仕事どころじゃなくて会社に皆で集まってご飯とか作って食べてた。良い具合で現実逃避できた(笑)

 

いつまでもこの生活をしてる訳にはいかないと、全国に顔が利くK部長が新潟県に僕らを使って下さいとお願いしたところ、<br>Kさんなら是非と。

さすが130万稼ぐ男。

他の縄張りも名前1つで荒らせるこの力。<br>かっけえッス!!

 

新人も連れて来ていいよって話しで俺も付いていった。

この時宮城のガソリンスタンドがガソリン不足だったため会社の人が青森からプリウスをチャーターしてくれた。

部長と二人。

仙台から下道で山形を経由し、新潟県新発田市へ。

道中、ガソリンの入ったペットボトルのキャップを1時間おきに空気抜きして走った。

暖房付けるとガソリン爆破するから車内はノー暖房。

しかも窓も時折開けて換気。

3月の山形はまだ雪の積もった真冬。

今となってはすごくいい思い出だ。

寒すぎた7時間だったけど(笑)

 

続く。