読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「あ」から「ん」まで。

言いたかった事、全部言う!

黒企業が人生変えてくれた⑥

前回同様なんだか自慢話みたいになってしまうが、全ては事実でウソなしでさらけ出すのでご了承願いたい。

 

福島県支部長になってからの初給料。

すごい楽しみにしてたし、昇進1ヶ月目だから1日も休まず営業に励んだ。

そんでもらった額が68万。

色々引かれて手取りが68万。

もう一度言うが68万。

しつこいが21歳で68万貰ってしまった…

 

しかもうちの会社ったら真っ黒キャンパニーだから封筒に全額突っ込んで手渡し!(笑)

 

専務「これからもこれ以上の調子で頼む!」

 

俺も簡単なやつだから調子こいて任せて下さいとか言ってしまうし、

今日もらった給料を支部の部下たちが見て俺の給料にたかってくる。

 

言い忘れたが、新聞屋っていう仕事は紛れもない最低のクソ仕事だ。

仕事内容がクソっていうより、従業員がクソ。

ギャンブル、女、酒、煙草。

見事に皆何かに底までどっぷり浸かっている。

んでイコール“借金”の称号を皆して持っているのだ。

だから真面目に家のピンポン押してまわってるのはマレ。

パチンコしてサボってる奴らがほとんどなのが新聞屋の実体(笑)

 

そんな事は重々承知なんだが、何せ責任者になってしまったためコイツらの管理もしなければいけない。

ちなみに酒飲んで仕事来るし、飲酒運転で家訪問するし、勝手にいなくなるしでもう手の付けようがないのもこれまた新聞屋の実体(笑)

 

うちの会社は宮城、福島、岩手、山形、新潟に支部があった。

5つの支部で毎月競争して1位の支部はたんまり経費が貰える。

たんまり貰える経費の半分は夜の遊び代。

だから支部長は部下に“自腹”で奢らなくて済むので毎月1位を狙っているから5人して仲悪い(笑)

 

話しの脱線のし具合が半端なかったが、本題。なんだっけ?あ、そう。給料もらった話。

 

支部長!いくらもらったんですか!?」

「さすが!若様!」

「今夜楽しみにしてまーす!」

 

普段サボってパチンコしかしないクセに調子の良い奴らだ(笑)

しかし、この時の俺はパチンコしてる奴らよりアホで

「じゃあ行きますか!でも明日からお願いしますよー!」

とか調子乗ってキャバクラに行った。

他の支部の人達も便乗して着いてきて10人は越えてた。

キャバクラの中でも部下達は俺にゴマすりを止めない。

「俺も福島の支部がよかったっすわー!」

「20代で支部長は凄い!」

「将来有望ですな!」とかゴマすってきやがる。

キャバ嬢もまぁそのノリで部下と一緒にヨイショしてくる。

 

おかげ?で気持ちよく酔っ払ってしまった(笑)

気が付いたらシャンパンが出てた。

酔っ払って楽しくなってるしお金もあるしまぁいいやと思いながらシャンパン2本オーダー。

 

俺1人、部下達の策に溺れ楽しく酔っ払ってしまったのだ。

 

会計見て焦った。

ピンクドンペリ×2

12.3人×10,000

 

45萬円

 

過去に戻れるならこの日の俺を42.195キロ助走つけてブン殴りたい。

 

続く。