読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「あ」から「ん」まで。

言いたかった事、全部言う!

歌舞伎町の門をたたいたら…⑤

店のNO.3に手を出した俺。

従業員にバレたら罰金200万円。

でも交際は順調。俺が住んでる寮には帰らず彼女の家てま同棲生活。

まさか18で同棲するとは思わなかったな。笑

 

ただ彼女は売れっ子のためクリスマス前の23日から年末まで店休の31日まで休みなし。

毎日同伴のため昼から客とディズニー行ったり早出して飯食いに行ったりと大変そうだった。

仕事の話はしない彼女だったから仕事の話はフラなかったけど、色々大変らしい。

 

ちなみにこの話を人にすると、決まってこう聞かれる。

 

“彼女が他の男と外に行って心配じゃないのか?”と。

 

結論から言うと心配はしてなかった。

自慢話ではないが(ウソ、自慢です)、彼女はすごく売れてたので出勤日は必ず客と同伴する。

1回だけ具合悪くて遅く出勤して来た時以外は毎度毎度の同伴。

20時には同伴組は出勤しないと遅刻対象になるからいつも出勤は20時。見慣れた光景だ。

 

もしこれが週1とか、ほんとたまにの同伴なら心配してたかもしれないが、

彼女場合、プライベートと仕事の割り切り具合が半端なくうまい。

20歳でONとOFFをこれだけうまく切り返せるのはすごいと思った。

ただ、同じ店のボーイと付き合ってるって言う点を除いてはね。笑

 

そう、だから毎日の仕事ぶりを見ると信用は十分にあったから嫉妬も何もなかった。

強いて言うなら、彼女の客で1人俺にチップくれたり出張行った時土産買ってきてくれた人いたんだけど、その人に対してはなんか悪いなぁとか思ってた。

まぁその人には奥さんいるんだけども。笑

 

そんな彼女、クリスマスの24,25と忙しくて朝から日付変わるまで仕事だったのにちゃんとケーキも俺たち分のも予約しててくれた。

プレゼントも忙しいのに用意してくれてた。

後々、海外に行くようになって外国人が

「日本の女の子の性格は完璧を超してる」と言われた事があるけど、その通りだと実感した。

 

売れっ子キャバ嬢がみんなそうな訳じゃないけど、

 

"人間性"で売れてるキャバ嬢の気配りはどんなサービスの良い一流ホテルよりも気配りが出来ている。

彼女だからと言うわけじゃなく、店のNo.1のヒカリさんという人もそうだったが、人が弱ってる時のケアが天才的に上手い。

ある時、店長にどうでもいい事で怒られてムカついてた時にケツを蹴ってきて、

「あんなの無視しなさいよ!それよりパンツ見たでしょ?いやぁ今日男と寝る予定ないからババくさいの履いてきたんだよなぁ(笑)」

とか。

神対応が過ぎるだろ!

パンツの話はどうでもいいとして、超売れてる人はその人を一瞬で笑わせて元気にする超能力をお持ちだ。

ちなみに、ヒカリさんはかなりの権力の持ち主で何故か支配人より立場が上。

ヒカリさんがいるから支配人はビビって滅多にうちの店には来ない。

ヒカリさんとなら従業員は飯食いに行ったり飲みに行ってもオッケー。

 

ちなみにNo.2はスーパー枕ガール!

まぁ枕なんて珍しくないけど。

 

まぁまぁ脱線も良いところで。笑

クリスマスの気配りの気持ち自体がもうプレゼントのようなもんで俺も彼女も仕事頑張ってやっと迎えた31日の大晦日。

31日から3日までは連休。

やっと休みなので前々から旅行を計画してた。

京都ならバレないんじゃないかと思って京都へ旅行に。

 

荷物とか張り切って準備したし、準備万端!

人生で初めての彼女との旅行だぜ!

電車はバレる危険ありだからタクシーで東京駅へ!

新幹線のホームへ!

Rちゃん「やっと誰も知り合いがいないとこ行けるね!」

 

後ろから「ゆうた!」と女性の声。

後ろ振り向いたらNo.1のヒカリさんが男の人と一緒にいた。

ヒカリさんもビビって「え゛~!なんでRちゃんと一緒なのー!」

 

マジでヤバいと思った。

ていうか、俺もヤバいけどRちゃんの方が仕事しずらいだろと思って彼女に死ぬほど申し訳ない気持ちになった。

どう説明していいかわかんなくなって

もう腹くくって「すいません、付き合ってました、俺から誘いました!」と大晦日の大混雑のホームで懺悔。笑

するとヒカリさん。

 

「まぁあんたら若いからしょうがないよ、私もその歳くらいに同じ事したから。今回は見逃すから今日私に会った事も忘れて楽しんできて!」

 

なんて良い人なんだ…

夜の世界の人間ってクソが大半占めてるんだけど、ほんの一握りの部分に素晴らしく最強な人間がいる。

 

彼女もありがとうございますと、お礼を言ってお別れ。

「やっぱり私たちが付き合うのって無理あったかもね。笑」

え?

「こんなに人いるのに駅でばったりフツー知り合いに会わないよね。笑」

 

このあとの京都旅行は気まずい感じで終了した。笑

 

ん?何で気まずくなんなきゃダメなんだ?

そうだ!この店辞めよう!笑

 

若ぜ、俺!笑

脂の乗った魚が美味い理由はこれか。

と今書きながらしみじみ感じてます。

 

続く。

 
f:id:yutajourney:20170329052624j:image